たった3%の勝ち組しか知らない転職術とは?

転職を考えている高卒の方へ

 

残念ながら97%の転職者は損をしています。

 

このサイトでは、高卒の人が転職で損をしない知らないと損をする知識の情報提供やおすすめの転職サイトを紹介しています。

 

ほとんどの転職者が転職サイトを調べるとき、ハローワークや一般的な求人サイトしかみません。

 

一般的な求人サイトとは、リクナビやenジャパンなどの求人がズラッと並んでいるものです。「仕事を辞めたい」と思ったときに、まず見るのがリクナビやenジャパン・マイナビだからという理由もあります。

 

97%の人はその延長線上で求人を調べがちですが、それでは「木を見て森を見ず」というやつで大損をしています。

 

3%が利用している転職サイトとは?

まずはじめに転職求人サイトは大きく分けて

 

求人系転職サイト

転職エージェント

 

この2種類があるのはご存知でしたか?

 

求人系転職サイトとは?

求人系転職サイトとは、ネットで公開されている企業の求人票を見て、自分でよい求人に応募するものです。
履歴書や面接の準備も全部自分で行います。

 

 

転職エージェントとは?

企業と求職者(あなた)の間に転職エージェントが仲介します。企業が求めている人材と求職者が求めている条件をマッチさせるのが転職エージェントです。

 

給料交渉や履歴書作成から受かる面接のコツのアドバイスまで手伝ってくれます。

 

どちらも面接に行く手間はありますが、一般的に個人ではしにくい給料交渉を転職エージェントが代わりにしてくれるメリットが大きいです。

 

求人系転職サイトで、条件の良い求人があっても書類選考や面接で落とされる人にとってもメリットがあります。
転職エージェントが書類選考に通りやすい書き方や、面接の練習もしてくれるので採用率が格段に上がります。

 

 

全求職者の3%しか使っていない現実。

転職エージェントを知っていても、仲介を通すため多くの人は利用しません。

 

     

  • 「非公開求人とかあやしそう」
  •  

  • 「電話やメールがたくさん届きそう」
  •  

  • 「興味ない企業なのに無理やり転職勧められそう」
  •  

 

これらが転職エージェントを使わない理由でしょう。こういう人が多いため、使った人だけが得するシステムとなっています。

 

高卒は負い目を感じてる人が多い。

嫌われることを言いますが、高卒を負い目に持っている人は結構います。

 

「学歴が低いから良い企業に行けない…。」

 

こういう人、結構います。年間休日100日以下の企業で働いていたり、工場などの仕事をしている傾向があります。高卒だから大卒に比べて昇給できないという劣等感を持ってる人もいます。

 

こういう傾向が高いため、企業も高卒には低賃金・たくさん働かせる…という不のスパイラルになっています。

 

求人系転職サイトの現実

求人系転職サイトを眺めているとわかりますが、高卒okの企業に限って給料が低かったり年間休日が100日以下だったりします。大卒だと年間休日123日以上ある求人が多いのに不公平だと思いませんか?

 

  • 「高卒だから仕方ない。」
  • 「若いとき勉強しなかったからしかたない」

 

そんな社会の言葉に犯されていませんか?「低賃金で長時間働いてくれる」こんなメリットのある人材をほしがります。

 

さきほど言ったように、

 

高卒の転職者の傾向

 

  • 97%の人は転職系求人サイトをよく使う
  • 高卒は劣等感を持ってる人が多い

 

ブラック企業がほしい人材

 

  • 低賃金で長時間働いてくれる

 

これらから、ブラック企業も求人系転職サイトで求人を出し続けています。

 

たった3%が行ってる転職エージェントを使い倒す利用術

それではたった3%の転職者が使っている転職エージェント利用法とはどんなものでしょう?

 

転職エージェントは履歴書作成を手伝ってくれます。

 

「学歴が低いから…」「高卒だから…」といった意識をしていると、履歴書に書く文章も魅力がない文章になっていきます。無意識なので怖いことです。

 

プロの第三者視線が入ることにより、「貴方にしかない魅力ポイント」や「相手に響く書き方」を手伝ってもらえます。このようなサービスをしているお店は有料がほとんどですが、転職エージェントは無料でしてくれます。

 

面接も模擬面接をしてアドバイスをしてくれるので、相手に印象に残るやり方を知ることができます。

 

何社も受けていると時間とお金が無駄になります。貯金が少ない人にとって転職エージェントは大きなメリットになるでしょう。

 

以上が、3%の人が行っている転職エージェントを使い倒す利用術です。

 

具体的にどんな転職エージェントがおすすめか

転職サイトには2つの種類があることがわかりましたね。

 

しかし、ここからが本番です。

 

「それじゃ、転職エージェントに相談してみよう!」というだけではだめなんです。

 

なぜなら、転職エージェントにはたくさんのサイトがあります。

 

特定の業種だったり、大卒専門というところもあります。
その中で、高卒の人が選ぶといい転職サイトは「一般的に認知されている転職サイト」です。

 

「一般的に認知されている転職サイト」とは?

その名前からわかる通り、誰でも知っている企業が行っている転職エージェントです。

 

誰でも知っている企業だと、これまでの蓄積量が多く、高卒の転職希望者のノウハウを濃く持っている傾向があります。

 

ただ1点だけデメリットがあります。

 

転職エージェントのデメリット

 

担当者により当たりハズレがあることです。担当者の実力不足です。これを補うために、3社の転職エージェントに登録しておくとデメリットをカバーすることができます。

 

高卒者が転職で失敗しないための転職サイト

リクルートエージェント

 

 

 

求人件数

求人エリア

専門コンサルタント

公式HP

常時10万件以上

全国

http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100l3yz00eghn

 

高卒でも望めるキャリアアドバイザーが在籍
業界No.1の10万件以上の求人数
添削サービス・面接サービスなどサポート充実

 

就活や転職といえばリクルート。転職サイトのリクナビNEXTも有名ですが、リクルートエージェントはあまり知られていないくて穴場です。業界No.1の求人数と話しやすい環境で、高卒でも満足できる転職になりやすいと評判があります。
遠方の人でも電話での相談もできるので強い味方になります。休日での夜間でも相談ができるので、利用のしやすい転職エージェントとしても好評です。

 

本気で転職を考えているなら、必ず登録しておきたい転職エージェントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイト・転職エージェントQ&A

 

転職エージェントはお金かかるの?

いいえ。転職エージェントは一切お金がかかりません。企業がお金を支払うスタイルになっています。
かかるものといえば、面談や面接にかかる交通費くらいです。

 

 

登録したら、必ず転職しないといけないの?

いいえ、転職はあなたの人生を変えるものです。あなたはまだ転職するべきじゃない場合、転職エージェントの人も転職を勧めないことがあります。

 

また、企業は転職して長く勤めてくれる人を探しています。入社したのにすぐ辞められては、転職エージェントにお金を払った意味がありませんし転職エージェントの評判が落ちます。

 

そのため、転職エージェントは無理に転職をすすめることは一切ないといっていいでしょう。上記の転職エージェントは大手のため無理に進めることはありません。

 

 

遠方に住んでいるけど会社に面談いかないとダメ?

いいえ。転職エージェントによっては電話での面談も可能です。来訪する人と同じサービスを受けることができるので、メリットとなるでしょう。

 

 

高卒がブラックじゃなく優良企業に転職するための転職サイト

リクルートエージェント

 

 

 

求人件数

求人エリア

専門コンサルタント

公式HP

常時10万件以上

全国

http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100l3yz00eghn

 

高卒でも望めるキャリアアドバイザーが在籍
業界No.1の10万件以上の求人数
添削サービス・面接サービスなどサポート充実