転職前の自分に伝えたい!転職面接で得た体験談

転職をするにあたって大切なポイントになってくるのが面接です。面接が得意な人もいると思いますが、苦手な人もいると思います。私は苦手な方なので色々調べたり、転職のセミナーに参加したりしました。

 

その結果学んだ、転職の面接で大切なこと3点とそこにプラスして自身が心がけた体験談について書かせて頂きたいと思います。

 

大切なこと1

 

[自分がやりたいことではなく、やれること、できることを具体的に伝える]

 

こういうことをやりたい!という希望を持つのは良いことだと思います。しかし転職になると新卒の時とは違い、社会人として仕事の経験があるため、即戦力になってほしいと考えている企業が多いです。

 

1から教育するのであれば新卒を採用するのと同じですからね。企業が中途採用に求めているのは経験です。そこで志望動機を伝えるときにアピールすべきなのが、「自分が今までどういうことをしてきて、どんな能力があり、入社したらどういうことができるのか」ということです。

 

「したい」というのは希望なので誰にでも言えますが、「できます」と言うのは経験者にしか言えません。そこを具体的にアピールすることで他の人達に差をつけることができます。

 

これは他のサイトの体験談には書かれていたないことですが結構重要です。

 

大切なこと2

 

[会社の風土や雰囲気に合う人物だと思ってもらう]

 

会社にはそれぞれの会社が持つ雰囲気や風土があります。例えば皆で協力して和気あいあいとしている会社、実力主義の会社、柔軟なアイデアを求めている会社、はっきりと自分の主張ができる人を求めている会社など様々ありますよね。

 

そこに合うかどうかを面接の中では見られています。採用が決まれば一緒に働く訳なので、一緒に働いていきたいと思える人か、会社の雰囲気に合う人かどうかを見ているんですね。

 

例えば皆で協力して和気あいあいとしている風土の会社に、自分1人の力でどんどんやっていきたいです!チームワークは苦手です!と言ってしまうと、どんなに能力がある人でもこの人はこの会社で上手くやっていけないだろうなと判断されてしまいます。

 

どういう風土の会社か、どういう人を求めている会社か、自分の価値観とずれがないかをきちんと理解した上で、自分がそこにマッチしていることを積極的に伝えていきましょう。

 

大切なこと3

 

[すぐに辞めない、長く働けることを伝える]

 

企業にとって採用するときに最も心配なことが、すぐ辞めてしまわないかです。せっかく採用したのにすぐに辞められてはお金も時間も無駄になりますし、また採用をしなければならなくなり企業にとっては損しかありません。

 

だからこそ企業側も慎重なのです。そこで長く続けられることをアピールするために、転職の理由となったものが、新たな会社ではきちんと改善される見込みがあるのかを考えた上で転職の理由を伝えるようにしましょう。

 

ですので実際に入社してみないと分からないような、人間関係等は理由にしない方が無難だと思います。

 

そしてそこにプラスして先ほど述べた、会社の風土に合っていることもアピールすることができればうちの会社ならこの人は大丈夫だと判断し、企業も安心することができるのでプラスに働きます。

 

私が心がけた体験談

上記に挙げた3点以外に私が心がけたのは笑顔です。当たり前だと思われがちですが、緊張しまうと表情が強張ってしまったり、自分では笑顔のつもりでもできていなかったりすることがあるので、意識しておくことが必要です。

 

一度動画で撮ったり、誰かに見てもらうのも有効だと思います。同じ内容を話していても、笑顔かそうでないかによって与える印象は大きく変わります。接客業なら尚更ですが、研究職などでも人と円滑にコミュニケーションがとれる方が良いのは当然です。

 

面接ではぜひ最初から最後まで笑顔を意識するようにすると良いと思います。実際、人事の方からも笑顔がすごく良くて良い印象を持ったと誉めていただいたことがあるので、笑顔の力は大きいです。

 

この体験談を読めば誰にでも意識すればできることなので、そういうところでしっかりポイントを稼ぎ、損をしないようにしましょう。

 

以上、転職の面接についの体験談を書かせてました。少しでも参考になれば幸いです。