在職中の転職活動やり方!バレずに内定を勝ち取るには?|高卒の転職サイト

「辞めてやる!」っと在職中に転職を決めたとき、まず困ったことは何から始めたら良いのか分からなかったことです。

 

新卒の時であれば、周りも一斉に就職活動を始めるため、セミナーや説明会に参加したら良いのだなと分かりました。しかし転職の時期は完全に個人のタイミングのため全く分かりませんでした。

 

ちょうど友人に転職に成功した人がいたため、その人に会社にバレない転職活動について詳しく話を聞き、同じ行動を取りました。

 

1、転職サイトに登録する

私が選んだのはリクナビエージェントです。沢山の転職サイトがある為どれが良いのか悩みましたが、悩む時間も勿体ないのでリクルートの運営なら母体も大きいし安心だろうと考えて選びました。

 

なるべく転職サイトを見ないことがバレない転職活動のやり方です。個人情報から職務経歴書に記入するような情報を入力して登録を行い、後日、キャリアアドバイザーの方から面談の連絡がきました。

 

私は高卒ですが、意外と高卒でもokの優良企業がある穴場なのに、転職エージェントを使う人が少なくて驚きました。

 

2、面談をして自分の情報を伝える

私の担当は年齢が40代後半頃の話しやすい雰囲気の女性でした。転職を考えた理由や今の仕事内容について、そして次どういう仕事を希望しているかについてなど堅苦しい感じではない雰囲気で1時間程話をしました。

 

ただその方が求人の情報を提供してくれるのではなく、あくまで面談のみの担当でした。それ以降は別の担当者から毎日ネットを通して、求人情報が提供されるようになりました。

 

3、転職活動のセミナーに参加する

これは面談を担当してくれたアドバイザーの方から勧めてもらい、参加しました。ここでは転職活動における面接において意識しておくこと、心がけるべきことなどを2時間程度で説明して頂きました。

 

無料でしたし、面接でどういうことが聞かれるのか、また、自己分析についての話も聞くことができ非常に参考になりました。私が参加したものは50名程参加者がおり、こんなに同じ立場の人がいるんだ、自分だけじゃないんだと勇気ももらえました。ぜひお勧めです。

 

4-1、与えられる情報の中から気になる企業を選び、応募する

基本的にはネットでのやり取りのみで、

 

応募をする→面接可能な日時を3つほど挙げる→企業から面接日の連絡がくる→面接に臨む

 

という流れでした。面接を受けた後、選考を辞退したいときはリクナビNEXTの担当者にその旨を連絡すれば、担当者から辞退の連絡を入れてくれるため便利でしたし、手間を減らすことができました。

 

仕事をしながらの転職だとどうしても時間が限られるためこのシステムは非常にありがたかったです。

 

4-2、他のサイトにも登録し、自分でも企業を探す

私の場合、求人を紹介してくれる担当者の方に「この業界は興味がないので今後求人の紹介は必要ないです。」と伝えても、繰り返しその業界に関する情報も送られてきたので、求人の情報量に関しては満足していました。ただ、ここだけの話、求人の内容に関してはそこまで信頼していませんでした。

 

そこで自分でも情報を手に入れようと考え、マイナビ転職にも登録して情報を得ました。勿論重なっている求人もありましたが、どちらかのサイトにしかないものもあったため、より選択肢を広げることができました。

 

5、最終面接を通過して内定へ

求人を見て興味を持った企業に応募、そして面接を何回か行い、内定を頂きました。企業によって面接の回数は異なりましたが、私が受けた企業は2、3回というところが多かったです。

 

内定までどういう流れで進んでいくのかは、求人には必ず載っていますのでそこを確認すれば大体の期間も把握することができます。個人的な意見として、スケジュールの都合もあると思いますが、新卒の頃よりも早くテンポ良く進んでいくという印象を受けました。

 

これが私が体験した会社にバレずにした転職活動のやり方です。社会人ですと活動できる時間も限られているため、大切なポイントとしては頼れるところはサイトなどを利用して頼る!自分で動けるところはしっかり動く!というやり方がベストだと思います。少しでも参考になれば幸いです。